精油の製造法の種類

アロマテラピーに欠かせないものが「精油」です。これはどのようにして製造されるのでしょうか。
その製造法は、おおよそ次の5つに分類されます。
「水蒸気蒸留法」
これは、水蒸気で植物を蒸らして芳香成分を抽出する方法です。加熱しても香りの変質がさほどではない植物に向いています。また、蒸留の際に出る蒸留水にも芳香成分が溶け込んでいるため、この水は芳香蒸留水、もしくはフローラルウォーターとして有効活用されています。
「揮発性有機溶剤抽出法」
これは、揮発性の有機溶剤を用いた抽出方法です。溶剤に溶けた芳香成分と天然ワックス成分から溶剤を揮発させ、成分を分離し、芳香成分を抽出する方法です。高温加熱しなくてもよいので、熱に弱い花などに適した方法です。
「圧搾法」
これは、柑橘系果実の果皮に圧力をかけて搾り取る方法です。この圧搾によって得られるものは精油として流通していますが、厳密には成分の違いがあるので、エッセンスと呼ばれたりします。
「超臨界流体抽出法」
これは、最も現代的な抽出法です。二酸化炭素などに圧力をかけて気体と液体の中間状態にした、超臨界流体と呼ばれるものを溶剤として用います。この処理では溶剤残留の懸念が少ないので、より安全なものを得ることができます。
「油脂吸着法」
これは、精製した牛脂などに花をのせておくことで、油脂に芳香成分を吸着させるというプロセスのある方法です。この油脂から芳香成分をアルコール抽出し、アルコールを留去することで、精油が得られますが、非常に手間がかかるため、現在ではあまり行われません。

コメントは受け付けていません。