AEAJ表示基準適合精油認定制度ってなに?

表示基準適合精油とは、日本アロマ環境協会による認定を受けた精油のことです。AEAJ表示基準適合精油認定制度は消費者を保護するとともにアロマテラピーが安全で正しく発展できるように行われている認定制度で、認められた精油にはラベル部分や使用説明書には必ず精油製品の情報8項目と使用上の注意事項4点が記載されています。記載されている情報8項目は、ブランド名・品名・学名・抽出部分(部位)・抽出方法・生産国または原産国・内容量・発売元または輸入元です。また、必ず記載されている使用上の注意事項は1原液を皮膚につけないで下さい,2絶対に飲用しないで下さい。3お子様の手の届かないところに保管して下さい。4火気には十分ご注意下さいの4点です。表示基準の認定を受けるためには、精油商品に定められた精油製品情報および使用上の注意事項が明記されている事が必須であるのみならず、日本アロマ環境協会が求める企業モラルを遵守する確認書を提出する必要があります。その後、厳正な審査を経て審査に合格すると所定の認定証が発行されます。しかしながら、表示基準適合精油認定制度は精油の表示に対する認定であり、精油の品質に対しては発売元が責任を負います。したがって、精油の品質認定ではありません。

コメントは受け付けていません。