揮発性有機溶剤抽出法とは

熱を加えることによって芳香が変質してしまう花などの精油を抽出する場合、「揮発性有機溶剤抽出法」という方法が適しています。これは、植物の芳香成分を揮発性の溶剤で直接溶かすプロセスを経て、精油を抽出するやり方です。
ヘキサンなどの揮発性有機溶剤に花を漬け込み、植物の天然ワックス成分や芳香成分を溶剤中に溶出させます。この成分が溶け込んだ状態から、溶剤を揮発させると、半固体状のものが残り、これを「コンクリート」と呼んでいます。
次に、このコンクリートをエチルアルコールで溶かして、成分をアルコール中に移行させたのち、冷却によりワックス成分と分離させます。そこからさらに、アルコールを留去させると、精油が得られるのです。こうして得られた精油は、「アブソリュート」と呼ばれます。また、樹脂などから抽出されたものは、「レジノイド」と呼ばれます。
この製法のメリットは、先に述べたように、高温加熱の影響を受けにくいということです。繊細な香りを得るには適した方法だといえるでしょう。しかしデメリットもあります。有機溶剤の成分が、微量ではありますが残留してしまうということです。アロマテラピーにおいては、キャリアオイルに精油を混ぜ、それを肌に塗布するケースも多いですが、こうした使用の際は、この残留成分の影響が懸念されるので、十分な注意が必要です。

コメントは受け付けていません。