合成オイルについて

「ポプリオイル」や「アロマオイル」などの言葉をご存じでしょうか。これらは、精油(エッセンシャルオイル)と同じカテゴリーのものだと混同されやすいのですが、それは違います。
まず、アロマテラピーというものは往々にして、いわゆるホリスティックな観点からの代替医療・自然療法であることが定義されており、このことから、使用する精油は自然のものにこだわります。原則として、何らかの成分を添加したり、あるいは除去したり、と成分調整されていない、100%天然の精油を使うことが重要なのです。
そして、良い香りのするポプリを作るときに使うポプリオイル、あるいは、主にルームフレグランスなどの用途に使われるアロマオイルという名称のもの、これらはその理念からは外れているものが多いようです。ポプリオイルは特にポプリの香りを持続させるために使われますが、合成香料が使われているものがほとんどで、精油成分は微量、あるいは全く入っていないものもあります。アロマオイルの名前で販売されているものにも、成分調整されたものや合成香料使用のものが多く、やはりこれも精油とはいえませんね。
もちろん、こういったものが使用目的と合致していれば問題はないでしょう。一般的な芳香剤に使われる香料もほとんどが合成香料なのですから、香りを楽しむためなら十分でしょう。しかし、アロマテラピーで使用するために精油を購入する際には、こうした合成オイルと精油を混同してしまわないように、注意したいものです。

コメントは受け付けていません。